おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
倉敷へ。
2007年 03月 31日 |
「使える器もつくります」 三宅 玄祐 陶展 at クラフト&ギャラリー幹b0045281_2312780.jpgb0045281_23131526.jpg
b0045281_23212712.jpgb0045281_23243757.jpgb0045281_2326945.jpg
土曜の昼下がり、お邪魔して参りました。
CLAYさんの代名詞「顔のある花器」他、噂のニョロニョロ足付きカップもお手製の棚の上に。
楕円の平皿は、製作過程のものを確かこないだの教室で見た様な(笑)

b0045281_23354567.jpg
花とおじさん・・・じゃない(爆)作品と作者近景。
これは瓦礫に埋もれた(あるいはそこから生まれた)花器って感じ?
異素材の組合せってのもCLAYさんお手のものですね。
今回は普段よりもちょっとコンパクトサイズの個展だった様ですが、それでもギリギリまで大変だったでしょうね。
明日4/1(日)までです。頑張って?下さいね~。

そして、「春の暮らし器展」(こちらも4/1(日)まで)が開催中の美観地区~本町周辺へ。
美観地区へ来たのも久しぶりでありますね。
b0045281_23501027.jpgb0045281_2350411.jpg

何となく冷やかしでは入りづらかったとこもあり、時間にも限りがあったので全てを見て回れていませんが、雑感少々。
店先にも朽ちた古木を花器に見立てて飾ってあったり、オブジェがあったり。

(左・ギャラリー十露/右・三宅商店)

b0045281_23562969.jpgb0045281_23551566.jpg

b0045281_235853100.jpgCLAYさんのお店、ほんまち館ギャラリーにも前から行ってみたかったので、お邪魔しました。
何だか、見ていて自然に頬が緩んでくるような(笑)作品がたくさんでした。
噂の屑鉄工房さんの作品、子供は大好きみたいですね!店の外から作品を見て「うわ!」と興味津々で中に入って来ましたよ。

その他、お隣の「なえしろ」さんでしたっけ?
かわいらしい器がたくさんあって見せてもらったのですが、それよりもおばあちゃんのおしゃべりに圧倒され(笑)
空襲に遭わなかったおかげで今日の倉敷がある・・・という話から、逓信隊に居られたという戦時中の話に発展したのには参りました(^^;)
けど、息子さん(倉敷遊楽窯・苗代典男さん)の作品に囲まれて店番をされている姿は何とも微笑ましく・・・。

今日は一日ニコニコしていたような気がします(^^)楽しいおでかけでした。
[PR]
<< 難関! ページトップ 第38回備前陶心会展 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon