おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
カテゴリ:せいさく( 33 )
|
|
2009年 06月 17日 |
b0045281_13212832.jpg

最近更新ネタのないブログの為にと、前回の教室の時に撮影しててすっかり忘れてました(^^;)
STAMP X MANIA」さんと言えば、この方、ですね(笑)
前から作品に何か変化がつけたくて、印花が欲しいなとは思ってたんですが。
自作も考えたけど、面倒なので(笑)この度お世話になってみました。
注文して届いたのは大分前・・・報告が遅れてすみません(^^;)

試し押ししてみましたがなかなか良い感じです。かわいい~♪

実際にこれを使った作品ができるのは・・・いつになるか分かりませんが(^^;)
またご報告しま~す。
[PR]
2008年 12月 19日 |
ukkyさん、TBさせて頂きますm(__)m

CLAY STUDIOでの陶芸教室。
来週から年末年始のお休みに入るので、我が家は昨日が「習い納め」でした。

b0045281_23365739.jpg
私は半磁器で作った作品の削りをやって、今年の締め。
相変わらずのカップ&ソーサーに、今回はぐい呑みみたいな小物も作ってみたのですが、小物になればなるほど、歪んだ形の中心を取るのが難しくて。
おっそろしく時間かかってしまいました。
右端のは見かねたK三氏が削りを手伝ってくれたはいいものの、見事にぶち抜いた残骸(爆)

b0045281_23423796.jpg
K三氏は、会社の上司から「ビアマグを作って」という依頼があったらしく、赤土6号(いつも使ってた信楽赤土よりさらに鉄分が多い土だそうです)を使って制作。
形を今ひとつイメージし切れなかったみたいで、ちょっとビアマグにしてはずん胴すぎないか?
けど、この「人から頼まれて作る」というのが、今年のK三氏の陶芸に対するモチベーションをかなり上げた事は確かです。
ヤツは今、私よりも「本気」かもしれません(笑)

今年は教室展なんかもあったりしたおかげで、自分の作品を人に評価してもらったり、ありがたい事に買ってもらったり。
ただ漫然と作るだけだったところに目標ができて、自分達なりにかなり充実した作陶活動ができた気がしています。
それが果たして「成長」に繋がったかどうかは?さておいて(笑)

この後、今年作った作品披露&反省なども、ボチボチ書いていこうかなと思ってます。
[PR]
2008年 10月 11日 |
b0045281_1420342.jpg
昨日、教室で作ってきたもの。
手びねりは久々~♪
前々から頭の中で構想のあったものをようやく形にしてみました。
ちなみに半磁器土1kgをほぼ無駄なく使ってこの5体。<覚書c⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...
まだ完成状態ではなく、次回もう少し手を加える予定。
で、なんでしょね?これ。
ただの置物?ではないのです、一応。

その他には前に作ってた練り込みの作品の一部に釉掛けしたりとかで終わり。
素焼きされてたカップがやっぱりすんごく軽くて・・・泣けました(笑)
[PR]
2008年 09月 20日 |
b0045281_1263729.jpgb0045281_127777.jpg相変わらずの「薄作り」のクセ。
今月に入って久々に練り込みやったんですが、削って模様を出さないといけないから厚めに作らないとって言われてるのに(;;)
無理矢理削りましたがもぉ~ペラペラです。
釉薬も薄めにしかかけないから、またしても無茶苦茶軽い器になりそう・・・。

原因は、頭ではとっくに分かってる訳ですよ。
 ●最初の土取りの大きさが適当でない(小さすぎ)
 ●土を引き上げる時の力の配分が適当でない(指に力入りすぎ)
・・・分かってるはずなのにぃ~orz

昨日の教室。
まだ素焼・本焼上がってないってことでまたロクロ。
今回は並漉にしました。一応希望はカフェオレボウル作り。
CLAYセンセに「・・・じゃ、とにかくまずは『薄すぎない事』を目指して」と念を押され(笑)

b0045281_12243483.jpg左から逆時計回り。
1個目・・・厚みには気をつけたつもりが、ち、小さすぎ・・・。
2個目・・・まだ小さい?
3個目。大きさ、厚さは理想に近づいたけど、うまくふくらんでくれない。
底の大きさが大きすぎたみたいで、センセに手直ししてもらいました。
4個目・・・弄りすぎて結局薄くなりました(爆)

ああ~ホントに学習しないねぇこの子は(;;)


b0045281_12335987.jpg閑話休題。
実は・・・最近、近所の行き付けのお寿司屋さんで、器を使ってもらってます。
趣味で陶芸やってるっていう話をしたら、じゃあぜひお皿作ってよっていう話になり。
冗談半分で持ってったら・・・ホントに使って下さってるみたいで。
以前にも話題にしましたが、藤原敬介さんの備前・志野を使っているようなお店なんです。
素人の分際で大変恐れ多いのですが、大将は「量産品じゃなくて、世界に1個しかないのがええんじゃが」と言って下さって、嬉しい♪
ただ、大将の話によると・・・やっぱりうちの器、欠けやすく割れやすい、らしいですorz
商売品じゃないとは言え、使ってもらう器、いろいろ考えないといけないんですねぇ・・・。

ってこともあり、悪いクセは早く克服しなければと思っている今日この頃。
[PR]
2008年 08月 15日 |
b0045281_1257170.jpg
教室で絵付けをしようと思うといつも時間オーバーしてしまうので。
家で絵付けできるようにと思って買っちゃいました。
・・・ホントに出番があるかどうかはわかりませんが(^^;)よくある衝動買い。
噂のベルベット下絵の具です。
ちなみにググッたらメーカーより何より真っ先にukkyさんのブログが出てきます(笑)
b0045281_13501936.jpg
ちなみに買った色は白(V360)、黄(V308)、薄緑(V345)、ミディアムブルー(V326)、ライラック(V321)、アップルレッド(V388)、テラコッタ(V303)、黒(V361)の8色。
アップルレッドが思ったより薄い色だったけど、どうなのかな~?
早く試してみたいです。
・・・あ、そう言えばCLAYセンセに使っていいかどうか聞いてないや(爆)
先走っちゃってますが大丈夫かな~(^^;)
[PR]
2008年 07月 17日 |
CLAYセンセの個展も終わりまして。
教室展以降、コツコツ作り溜めていた?作品もようやく素焼きが終わり、釉掛けです。
b0045281_195357.jpgb0045281_19531928.jpg
主には白マット釉や黒釉と織部の掛け分けやらドリッピングやら。
コバルト釉と白釉の水玉とか・・・相変わらずイメージ貧困だぁorz

他にはこんな事もしてました。
去年の秋に作った角鉢でございます。
b0045281_2063318.jpgb0045281_207217.jpg
黒釉と織部の掛け分けで、釉薬を掛けた後、花模様を針で彫ってみたのですが、焼いてみたら釉薬が溶けて流れて模様にならず・・・orz
本来なら、撥水剤とかで模様を抜いた方が良かったんでしょうねぇ。
明らかに失敗作なんですが、何とかならんかとかねがね思っていたところに思いつきましたのが。

b0045281_2084910.jpg100均で見つけたミニルーター(ちなみにこれは105円でなく630円)とダイアモンド砥石を使っての「彫り」でございます。
ガラス工芸用?けど超硬と書いてあるし、焼けた陶器も彫れるかな、と思って試してみたら・・・彫れました♪
ただ、どのくらい彫っていいかわかんないもんで、地の土が見えるくらいまで彫ってみたら、焼けてる部分と色が違ってガックリしたしorz

b0045281_20254823.jpg
携帯の画像では細かいとこまでわかんないと思いますが、まぁこんな感じです。許される?
[PR]
2008年 06月 27日 |
b0045281_8445598.jpg
ダンナ@K三氏が作ってた大皿。
画像の左上に見える、道具掛け用のネジにうっかり引っ掛けてしまって欠けてしまい。
苦肉の策で、欠けた場所をを削って取り分け用の箸などを置ける様にしてみたのですが。
見込みの指跡と削った部分で目と口・・・・何だか顔に見える!

K三氏は「パックマンだ」と言ってましたが、私は「魚顔くん」と呼びたい(笑)
[PR]
2008年 06月 18日 |
CLAYセンセの工房、改装工事後、お初にお邪魔しました。
随分ときれいになってまるで広くなった感じです。
掃除もマメにされてる・・・とか(笑)
b0045281_4314659.jpg
b0045281_4315761.jpg

b0045281_352241.jpg

改装作業中、作成途中の作品は外に置いておくしかなかったそうで。
前回作った作品はすっかりカチカチになってました(^^;)
とりあえず、霧吹きをして削りは次回に。
b0045281_359739.jpgでもって、乾燥中にソーサーが1枚割れていたので、今回も赤土で皿作りからスタート。
1枚目・・・ちょっと大きく作りすぎ(^^;)
2枚目・・・調子良くいってたつもりが、置いたら縁がヘタッ Σ(゚д゚lll)ガーン
よく見ると、1枚目も2枚目も見込みの辺りに段ができていて。
センセに押さえ方が足りないって言われました。
3枚目・・・ちょっと小さくなったけど、一応これでOKということにして。
気分を変えて片口なんかも作ってみたり。

b0045281_4221750.jpgそれから、どうも私、相変わらず作品を「薄く作りすぎる」傾向があるようでして・・・
最初の土取りが小さすぎるのに、無理矢理土を延ばして大きく作ろうとしてしまうのね。
もちろんそれもヘタリの原因な訳で、残りの土で最後にちょっと高さのあるカップを作ったら、見事に途中でよじれました(;;)
もったいないので何とか形を残して終了。

・・・ホントはこの「もったいない」も良くないんだろうなぁ。
セコく数を作ろうとせず、もっとゆとりを持って土を残すようにしないと。

b0045281_4473640.jpg

ダンナ@K三氏も赤土で大皿作り。
・・・が、こっちも途中で土がヘタって結局半分ほどの大きさに(^^;)
曰く「半磁器の方が作りやすい」って、ええ~!?
普通は粗い土の方が作りやすいはずですが・・・どうなの?

[PR]
2008年 06月 06日 |
さて、教室展終了後、最初の教室でございます。
今まで手元に溜まる一方だった作品が、この教室展でほぼ一掃(爆)されまして。
(いや、ホントにホントに、お買上下さった皆様にはただ感謝m(__)m)
心置きなく作陶に励む事ができますです(^^)
正直、今日は朝から早く土に触りたくてウズウズしてました(笑)

b0045281_17472271.jpgb0045281_1747332.jpg
とは言え、作ってるものは相変わらずだったりしますが(笑)
私めは信楽赤土でカップ&ソーサー、ダンナ@K三氏は半磁器土で大皿。
でも二人ともノリノリで、時間にして今までの最短記録更新?したかも。

ん~なんていうか。
自分達の作品を「買ってもらえた」って事で、ホントの自信をもらえたというのか。
今までは教室通いながらも、何となく迷いがあった感じなのですが。
「これからも作り続けてていいんだ!」って思えて。
陶芸を生業とされている方からは「勘違いすんな!」と怒られそうですが(^^;)
でも、この程度の勘違いなら許してもらえますよね?(笑)
これからも、頑張りま~す。
[PR]
2008年 04月 09日 |
b0045281_10544679.jpg教室で、削りをやってて改めて思ったこと。
例のDVD、見てるとものすご~く簡単な作業に見えるのだけど。
まず私の場合、底の切り方がとても雑で、底を平らにするのにまず一苦労。
さらに、高台脇を整えるのにとんでもなく時間がかかり・・・一発ではとても決まらない。

DVDで、中心に指を置くデベソのような部分を作っておくやり方を見て「なるほど~!」と思い、挑戦。
調子に乗って削っていたら、高台中を削っている時に置いている指の力が余って「ボコッ!」・・・底が抜けたorz

挫折がなければ成長もないのかもしれませんが。
この1年、あまりに自分が何も成長していない事にさすがに凹んだ1日でした・・・。

さらに悲しいお知らせが。
こないだ作った鎬を削った花器・・・施釉後の置き場が悪く、落ちて壊れたそうです(;;)
それからダンナが徳利を作れず、諦めてできた花器。
これも素焼きしたら穴が空いてまして・・・(;;)
アリがちな事とは言え、ああがっかり。

そんな中、こんなお知らせも。
b0045281_105562.jpg

うちの様なトーシローが参加してよいものか・・・只今思案中。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon