おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
2009年 01月 18日 |
←前に初めてベルベット下絵具を使った時の作品、覚えて頂いてましたでしょうか。
ほぼ思い通りの発色だったのですが、黄色とライラック、テラコッタが今ひとつ、ふたつ、みっつ・・・の仕上がりで(;;)
特にライラックは全く発色せず、テラコッタに至っては真っ黒で。
どうしたもんかと思いまして。
実はあの後、販売元のヒュース・テンの方にも問い合わせてみたのです。
回答を頂いておりました。

●カタログの写真はコーン05(1044℃)の焼成によるサンプルタイル
コーン7(1239℃)でテストしたタイルでも、メーカーのコーン10(1285℃)のサンプルタイルでも、V308(黄色)V303(テラコッタ)はほとんど変わりなく、V321(ライラック)は1285℃の場合少し白っぽい発色になる、とか。
●稀に透明釉との相性もあるが、石灰系透明釉やLG10(低めの焼成の場合)やHF9(高めの焼成の場合)だときれいな発色になる、とか。
(つまりぜひ当社商品をお使い下さい、ってことなんでしょうが(笑))

要はライラックはあまり高温だと発色しにくいってことなんですね。
けど、テラコッタは何故こんな色になったんだろう~?ってことはやはりよく分からず、CLAYセンセにも相談してみたところ。
教室の作品を焼く時、基本酸化焼成なんですが、ちょこっと還元もかけるとのこと。
なので、窯の上の方にある作品はキッチリ酸化で焼けるけど、下の方にあると還元もかかるのでそのせいではないかということでして。

ってことで、下の猫たちを焼いてもらう時、「上の方で焼いて下さい!」とお願いしました(笑)
結果、茶色も程よく出てくれて満足♪

b0045281_1143338.jpgその他、こんな作品も作っておりました。
データ/土・信楽並漉
ベルベット下絵具(テラコッタ)で絵付け後、透明釉をかけて焼成
9月に作ってたカフェオレボウル?の完成品です)

これも無事茶色が出てくれました。
一番左のカップは、少し還元がかかったのか?地がグレーがかってます。

[PR]
2009年 01月 07日 |
b0045281_7445292.jpg
「今年の反省を~」と言いながら結局更新せずじまいで年が明けてしまい、ご挨拶を頂いて慌てて更新している有様です(笑)
遅ればせながら、皆様、明けましておめでとうございます。
今年もタイトルに違わぬおきらくきまぐれっぷりですが、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

で、丑年なのに何故猫???とか言われそうですが(笑)
今頃になって、「これな~んだ?」の正解発表です(^^;)

b0045281_8272597.jpgb0045281_8274263.jpgb0045281_831896.jpg
データ/半磁器土、手びねりにて作成(1kgの土をほぼまるまる使って5体)
ベルベット下絵の具で絵付け後、透明釉をかけて焼成。

2枚目の画像(作品の底部分です)で正解がお分かり頂けるでしょうか・・・
この子達、実は「土鈴」なのです。
胴体の部分は鈴の玉を包み込みながら円錐状の様な感じで成形、頭は別に作ってくっつけました。
猫の顔をそれらしく作るのが結構難しかった~(^^;)
首のところをやさしく持ってやって振ると、コロコロと音を立てます♪
ただ、思い付きで適当に作ったため、時々中で玉が引っかかって止まる事も(笑)
それから、右端の子は絵付け後、首がぽろっと取れてしまい(;;)一番お気に入りの子だったのに・・・
CLAYセンセが焼成後、接着剤でくっつけてくれました。

b0045281_1203274.jpgb0045281_1204286.jpg
本体が鈴そのものだったりするワケですが・・・せっかくなんで赤い毛糸と木製ビーズで鈴付きの首輪をつけておめかししてみたり(笑)
後ろ姿もご披露致します。
猫の模様、もっとちゃんと観察しないと・・・それらしく描くのはこれまた結構難しかった~(^^;)

b0045281_1212130.jpg
そして次回?「これな~んだ?Part2」予告(笑)
年末にはこんなのも作ってました。
・・・饅頭ではありませんっ!o(`ω´*)o
一応ちゃんとした用途があるんですが。
完成したらまた正解発表しま~す♪

[PR]
2008年 12月 19日 |
ukkyさん、TBさせて頂きますm(__)m

CLAY STUDIOでの陶芸教室。
来週から年末年始のお休みに入るので、我が家は昨日が「習い納め」でした。

b0045281_23365739.jpg
私は半磁器で作った作品の削りをやって、今年の締め。
相変わらずのカップ&ソーサーに、今回はぐい呑みみたいな小物も作ってみたのですが、小物になればなるほど、歪んだ形の中心を取るのが難しくて。
おっそろしく時間かかってしまいました。
右端のは見かねたK三氏が削りを手伝ってくれたはいいものの、見事にぶち抜いた残骸(爆)

b0045281_23423796.jpg
K三氏は、会社の上司から「ビアマグを作って」という依頼があったらしく、赤土6号(いつも使ってた信楽赤土よりさらに鉄分が多い土だそうです)を使って制作。
形を今ひとつイメージし切れなかったみたいで、ちょっとビアマグにしてはずん胴すぎないか?
けど、この「人から頼まれて作る」というのが、今年のK三氏の陶芸に対するモチベーションをかなり上げた事は確かです。
ヤツは今、私よりも「本気」かもしれません(笑)

今年は教室展なんかもあったりしたおかげで、自分の作品を人に評価してもらったり、ありがたい事に買ってもらったり。
ただ漫然と作るだけだったところに目標ができて、自分達なりにかなり充実した作陶活動ができた気がしています。
それが果たして「成長」に繋がったかどうかは?さておいて(笑)

この後、今年作った作品披露&反省なども、ボチボチ書いていこうかなと思ってます。
[PR]
2008年 12月 14日 |
いや~・・・備前焼まつりの頃は頑張ってたんだけど。
その後いろいろと忙しい日々を過ごしておりましたら、すっかり放置状態でした。
(あ・・・でも他ブログは更新してたりもしてたんで言い訳できないかも(;;))
まだ見ててくれてますか?(笑)

備前焼まつりの時期は、kazbizenさんのご紹介なんかもあったりして
一日のアクセス件数が過去になくとんでもない事になってました(笑)
ありがとうございます~m(__)m

ちなみに、今さらですけど、今年の備前焼まつりでGETしたもの。
b0045281_12255981.jpg

b0045281_12272336.jpgb0045281_12275687.jpg牡丹餅の皿は確か3千円。花器?それとも酒器?な右の器は1,500円。
下の記事にも画像ありますが同じお店で買いました。
牡丹餅の皿は「安っ!」と飛びついたものの、置いてみたらガタツキがひどい(;;)
もっと吟味して買えば良かった・・・けど、時間がない中での衝動買いでしたから~。

b0045281_12373225.jpgb0045281_1247155.jpgもう一つの、こりゃなんじゃ?は、岡山の人なら多分ご存知でしょうが、地元某放送局のキャラクター「OH!くん」です。
ミーハーだと言われそうですが(^^;)思いがけず知り合いがこれを現地で売ってたんで買っちゃいました(800円)。
備前焼作家の木村玉舟さんが型起こしをしたものだとか・・・。

てなワケで、遅ればせながら一応今年のまつり総括終了(笑)
ネタが溜まりまくってるんで、ボチボチ更新致します~。
[PR]
2008年 10月 19日 |
b0045281_1614810.jpg
野の花と器展(リフレセンターびぜん)
↓画像はクリックすると大きくなります。
携帯の画像なんであまりきれいに撮れてなくてすみません(^^;)

b0045281_16153259.jpgb0045281_16163247.jpgb0045281_16174626.jpg
b0045281_16191069.jpgb0045281_16195131.jpgb0045281_16212884.jpg
b0045281_1623699.jpgb0045281_16233773.jpgb0045281_16245785.jpg
b0045281_1636056.jpgb0045281_16261028.jpgb0045281_1627348.jpg
b0045281_16292051.jpgb0045281_16303912.jpgb0045281_1634738.jpg
b0045281_16314236.jpgb0045281_16363287.jpg

[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon