おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
え~、ホントにネタがないので・・・(^^;)
2005年 11月 29日 |
こないだやってたテレビの話でも。

テレ朝が大々的に番宣打って放送してた「テスト・ザ・ネイション」。
IQ診断番組の草分けとかで人気の番組ですが、今回初めて見ました。
何でもIQ診断とは別に、今回は脳のパターンを4種類に分け、「適職」を判断するとか。
よく「右脳人間」「左脳人間」などと分類されますが、脳の働きは左右の別だけでなく、前後の別もあるんだそうです。
後ろが情報のインプット、前側がアウトプットを司るんだとか。
つまり、「情報のインプットとアウトプットの働きを右脳・左脳で分け、4つの分類のうちのどの脳タイプに当てはまるかで適職がわかる」というのが今回の趣旨らしかったです。

で、一応テレビに向かってまじめに診断テストなど受けてみた訳ですよ。
結果は・・・「左・左」タイプ。要は左入力で左出力ってこと。
物事を分析的に理解し、論理的に表現するタイプだそうです。
う~ん、多分そういう結果が出るとは思ってたんだよな・・・。
さらに「志向性テスト」というのがあって・・・要は人に興味があるか、モノに興味があるかっていうことなんですが。
2択で選んで、最終的な適職チェック。



結果・・・「外科医、歯科医、官僚、公認会計士、気象予報士、公務員、土木・製造業、事務職」
いわゆる「データと向き合う」タイプの仕事が向いているらしい。
つまんねぇ~~~~o(`ω´*)o
OLになりたくなかった私としては、一番就きたくない部類の仕事群ですわ。
でも・・・実際わかってたんだよね。
クリエイティブな仕事に就きたいと思っても、向いてないだろうなってのは。
「模写」はできても「創造」はできないタイプの人間なのです・・・orz

ちなみに「陶芸家」も、適職分類の中にありました(笑)
陶芸家向きの脳と言うのは、言わずと知れた「物事を直感的に理解し、感覚的に表現する」、つまり「右・右」タイプ。
さらに「モノ志向」であるということになりますわな。

でもね・・・当然、こんなのは血液型や星座占いなんかと同じですよね。
要は「お遊び」ですから。
「自分はこんなたかが4つに分けられた程度の型にハマる人間じゃない!」と思う人は鼻で笑ってやって下さい。
で、興味のある人は・・・既に放送終了してますが、再テストを受けられるらしいです(笑)
(但し、テレ朝携帯サイトの有料会員登録をしないとダメらしい・・・。)

ちなみに、BIGLOBEの協賛サイトで「いまのオシゴト適職度チェック」なるものがあったので、良かったらこっちをどうぞ。
最後に出てくるホントの適職?がオモシロイです。
[PR]
<< 昔のネタですみません(笑) ページトップ 1週間経ってますよ~(笑) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon