おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
新しい年に臨んで・・・
2008年 01月 05日 |
すっかり三が日も明けまして、ご挨拶が遅れましたが・・・
本年もよろしくお願い致します。
b0045281_14263977.jpg
思い立ってCLAYさんの教室に通い始めたのが昨年春。
半年も通えば、少しはまともに作品が作れるようになるかとあの頃は思ってましたが・・・全く進歩の跡が見られません(爆)
そんな中でも上記画像の作品は、自分でも思い入れのある作品でした。
教室に通い始めて初めてできた作品、絵付けに夢中になった作品、初めて練り込みに挑戦した作品などなど・・・。
既に手元にはありません。
昨年秋、喫茶店を新たにオープンさせた知人へのプレゼントにさせて頂きました。
(実はこれが目的で、コーヒーカップばかり作っていたところもありまして。)

とても差し上げて喜ばれるような代物ではなく・・・無理矢理押し付けた格好になりましたが(笑)

思う様なイメージが作れず、またそれをそのまま作品にできる技術もまだなく。
凹む事も多いですが、今年も陶芸、続けます。
諸先輩方からアドバイスも頂ける様、今年はもっときちんとしたデータも残すようにしたいものです。

b0045281_14405782.jpg← 昨年の作品で、自分の中では「惜しかった!」もの。
雰囲気はかなりイメージに近かったのですが、下絵の具の扱いやら、掛け分けの処理やらが悪く、今一歩(いや、二歩三歩・・・)の仕上がり。
反省点としては・・・
●土は白土(信楽並漉)だったが、発色を考えれば半磁器を使った方が良かった?
●下絵の具は黄色が発色せず、また一定の濃さでなかったのか釉はじきが目立って汚く仕上がった。
下絵の具に釉薬を少し混ぜると良いという話も聞きましたが・・・それならいっそのこと色釉にすべき?
●掛け分けの技法・手順・・・モザイク部分は透明釉、他の部分は白・黒の釉薬を掛け分けて仕上げたが、時間がかかるのを嫌ってかなり手抜きしてしまった為、口の部分やモザイク部分との境目など、処理が雑。やはり撥水剤などを使ってきちんと掛け分けしないと・・・?

教室でできる事にはもちろん限りがある訳ですが、いろいろ試行錯誤しながら。
また、自分が作りたいのはどんな作品なのか?改めて自問自答しながら。
今年も時間のある限り、作陶に勤しみたいと思います。
[PR]
<< 08年事始め。 ページトップ 今年のろくろ納め。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon