おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
試行錯誤、数々。
2008年 07月 17日 |
CLAYセンセの個展も終わりまして。
教室展以降、コツコツ作り溜めていた?作品もようやく素焼きが終わり、釉掛けです。
b0045281_195357.jpgb0045281_19531928.jpg
主には白マット釉や黒釉と織部の掛け分けやらドリッピングやら。
コバルト釉と白釉の水玉とか・・・相変わらずイメージ貧困だぁorz

他にはこんな事もしてました。
去年の秋に作った角鉢でございます。
b0045281_2063318.jpgb0045281_207217.jpg
黒釉と織部の掛け分けで、釉薬を掛けた後、花模様を針で彫ってみたのですが、焼いてみたら釉薬が溶けて流れて模様にならず・・・orz
本来なら、撥水剤とかで模様を抜いた方が良かったんでしょうねぇ。
明らかに失敗作なんですが、何とかならんかとかねがね思っていたところに思いつきましたのが。

b0045281_2084910.jpg100均で見つけたミニルーター(ちなみにこれは105円でなく630円)とダイアモンド砥石を使っての「彫り」でございます。
ガラス工芸用?けど超硬と書いてあるし、焼けた陶器も彫れるかな、と思って試してみたら・・・彫れました♪
ただ、どのくらい彫っていいかわかんないもんで、地の土が見えるくらいまで彫ってみたら、焼けてる部分と色が違ってガックリしたしorz

b0045281_20254823.jpg
携帯の画像では細かいとこまでわかんないと思いますが、まぁこんな感じです。許される?
[PR]
<< とにかく「薄い」のです。 ページトップ 個展をハシゴ(笑) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon