おきらく★きまぐれ★陶芸日記
vivabizen.exblog.jp
  ブログトップ | ログアウト
悪いクセは直さないといけません(;;)
2008年 09月 20日 |
b0045281_1263729.jpgb0045281_127777.jpg相変わらずの「薄作り」のクセ。
今月に入って久々に練り込みやったんですが、削って模様を出さないといけないから厚めに作らないとって言われてるのに(;;)
無理矢理削りましたがもぉ~ペラペラです。
釉薬も薄めにしかかけないから、またしても無茶苦茶軽い器になりそう・・・。

原因は、頭ではとっくに分かってる訳ですよ。
 ●最初の土取りの大きさが適当でない(小さすぎ)
 ●土を引き上げる時の力の配分が適当でない(指に力入りすぎ)
・・・分かってるはずなのにぃ~orz

昨日の教室。
まだ素焼・本焼上がってないってことでまたロクロ。
今回は並漉にしました。一応希望はカフェオレボウル作り。
CLAYセンセに「・・・じゃ、とにかくまずは『薄すぎない事』を目指して」と念を押され(笑)

b0045281_12243483.jpg左から逆時計回り。
1個目・・・厚みには気をつけたつもりが、ち、小さすぎ・・・。
2個目・・・まだ小さい?
3個目。大きさ、厚さは理想に近づいたけど、うまくふくらんでくれない。
底の大きさが大きすぎたみたいで、センセに手直ししてもらいました。
4個目・・・弄りすぎて結局薄くなりました(爆)

ああ~ホントに学習しないねぇこの子は(;;)


b0045281_12335987.jpg閑話休題。
実は・・・最近、近所の行き付けのお寿司屋さんで、器を使ってもらってます。
趣味で陶芸やってるっていう話をしたら、じゃあぜひお皿作ってよっていう話になり。
冗談半分で持ってったら・・・ホントに使って下さってるみたいで。
以前にも話題にしましたが、藤原敬介さんの備前・志野を使っているようなお店なんです。
素人の分際で大変恐れ多いのですが、大将は「量産品じゃなくて、世界に1個しかないのがええんじゃが」と言って下さって、嬉しい♪
ただ、大将の話によると・・・やっぱりうちの器、欠けやすく割れやすい、らしいですorz
商売品じゃないとは言え、使ってもらう器、いろいろ考えないといけないんですねぇ・・・。

ってこともあり、悪いクセは早く克服しなければと思っている今日この頃。
[PR]
<< テスト結果・・・こんなん出まし... ページトップ テスト~その他。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon